かに物語

なまり節ラー油

お召し上がり方

  1. ソースとしてたっぷりかけても、アンチョビのようにアクセントとしても使うことができ、余った油も炒め物にして最後まで使い切ることができます。
内容量
130g
賞味期限
直射日光を避けて保存
開栓後はすぐ冷蔵庫(10℃以下)に保存し、1週間を目安に お早目にお召し上がりください。
原材料名
かつおなまり節(三陸産)、なたね油、ごま油、しょうゆ、玉ねぎ、くるみ、にんにく、しょうが、コチュジャン、フライドオニオン、砂糖、あみえび、輪切り唐辛子、花椒、チャイスパイス(シナモンパウダー、ナツメグパウダー、クローブスパウダー、カルダモンパウダー)、酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
製造
国内工場
商品コード
A-052

なまり節ラー油

価格
900円(税抜)
ポイント還元:9pt  
数量

ショッピングガイド

かにの解凍方法

室根おろしと呼ばれる西北風に、新鮮な魚が揚がる地理的条件から、ここ気仙沼では、古くからドライフードの文化が根づいていました。
しかし、物流が整えられ新鮮な食材ばかりに目が向けられてきた近年。。。

そんな中で地元高校生たちのアイデアで生まれたのが、気仙沼に伝統的に伝わるドライフード「かつおなまり節」を活用して作った万能調味料「なまり節ラー油」です。
これまで、特に若い世代にはあまり親しみのなかった「なまり節」ですが、高校生たちの斬新なアイデアと、気仙沼の特産を作りたいという強い思い・こだわりが、なまり節の持つ独特の食感と鰹の風味をさらに引き出した、どんな料理にも合う万能調味料を生み出しました。

この、「なまり節ラー油」作りにおいて、わたくしたちは、加工の部分でお手伝いさせていただいています。
高校生たちの気仙沼に対する思いと、気仙沼の伝統の味が生み出した「なまり節ラー油」是非ご賞味ください。

≪特徴≫
①なまり節は、ひとつひとつ手でほぐして柔らかく食べやすい食感を残しました。
②玉ねぎと大きめのクルミが入っているので、これまでの”ラー油”の常識を覆す食感をお楽しみいただけます。
③化学調味料は一切使っていません!

※「なまり節ラー油」は、東日本大震災をきっかけに、地元の高校生が、地元にちらばる”いいね!”に、気づく、形にする、伝える、新しいクラブ i.club(あいくらぶ)の活動で企画されました。
http://innovationclub.jp/namaribushi_rayu/

【i.clubについて】
「i.club(あいくらぶ)」とは、東京大学 i.school の修了生および地域教育に関心のある若手が中心となって構成する団体であり、地元の良さの再発見から、新たなアイデアを生み出し、人々の考えや行動に大きな変化を起こすこと(=イノベーション)ができる人材の育成を目指すイノベーション・クラブ活動です。現在、宮城県気仙沼市と福島県会津若松市で実施されております。
http://innovationclub.jp/
https://www.facebook.com/iclub.japan
【製品1瓶(130g)あたり】 エネルギー:634kcal たんぱく質:15.5g 脂質:58.8g 炭水化物:8.1g ナトリウム:820mg