かに物語

物語

かに物語

私たちの想い
"特別"をもっと身近に。

東日本大震災という大きな震災を経て、私たちは、今日一日が、とても特別であることを知りました。
特別は、もっと身近にあるべきことなのです。

私たちは、自社の商品である"幻の蟹 Deep Sea Red Crab(オオエンコウガニ/まるずわいがに)"を通して、お客様に"特別"な時間をもっともっと身近に、もっともっと、楽しんでいただきたいと思っています。
"カニ料理"と聞くと、少々かしこまってしまったり、特別なお祝いの時でないと…と思われがちですが、こんなにおいしいものを、特別な時にだけ食べるなんてもったいないと思いませんか?もっとカジュアルに、もっと気軽に、蟹を楽しんでいただきたいのです。
そんな思いから、漁獲から生産・販売までを自社で行うことでリーズナブルな価格での販売を実現。さらには食べやすさと美味しさに徹底的にこだわった加工商品の販売も実現させました。

気仙沼で生きる私たちは、震災で多くを失いました。そして、多くのことに気がつきました。
私たちにとってのそれは、40年にわたって守ってきたこの商品への自信と愛情です。
これからも、絶やすことなく、これまで以上に、みなさまにお届けし、"特別"な日を一日でも多く作っていくお手伝いをさせていただきたいと思っています。

私たちの想い

私たちの商品
"Deep Sea Red Crab(オオエンコウガニ/まるずわいがに)"

私たちがご提供している蟹は、世界各地で愛され、また日本国内では「幻の蟹」とも言われているDeep Sea Red Crabです。 大西洋の深海400~1000mに生息する蟹で、日本国内でも静岡沖等で稀に獲れることもありますが、希少性とその美味しさから、漁師さんたちが市場には出さずに食べてしまうという、まさに"幻の蟹"なのです。
私たちは、約40年前から南半球アフリカのナミビア国の沖合に船を出し、深海500~800mで漁獲しています。加熱しても甲羅の色が日本人の好む紅色にならないため、缶詰などの加工品の原料として利用されることが多いのですが、かに物語では、その美味しさをもっと楽しんでいただくために、独自の技術を用いて、殻付きの状態やむき身の状態での販売を実現させました。
水揚げされたDeep Sea Red Crab は1時間以内に凍結され、むき身加工の際も一度も解凍されていません。みなさまのもとに届いて初めて、解凍されるので、鮮度を損なうことがないのです。
ナミビアの海で獲れた一時間後の美味しさのまま、みなさまのもとにお届けします。
現在国内では2社のみがこのDeep Sea Red Crabを扱っていますが、むき身の状態で販売をしているのは、かに物語が国内唯一です。
是非ご家庭で、贈り物として、"幻の蟹 Deep Sea Red Crab"をお楽しみください

私たちの商品私たちの商品

かに物語の商品の特徴

  • むき身の状態だから、調理保存が簡単便利
  • 手作りにこだわった商品づくり
  • 独自開発の急速凍結技術により、解凍後も触感と味がおちない
  • 実入りの少ない関節下はカットしているので、蟹の身をたっぷり楽しめる