工場の紹介

東日本大震災から6年を経た2017年3月1日、
かつて工場があった場所のほど近くに、新社屋と工場が完成しました。

選りすぐりの素材を活かした商品をお届けするために、社是である「和心誠心」
を込め、皆さまに喜んでいただける提案を行っています。

カネダイの工場は、国内屈指の水揚げを誇る気仙沼に位置しています。6608m²の敷地に新鮮な素材の良さを余すところなく活かした商品を幅広いラインナップ製造加工できるラインを完備。お客さまに信頼される安全な商品を提供するために、HACCPに基づいて厳格に衛生管理されたクリーンな工場で、約40名のスタッフが『安心で安全』な商品づくりにたずさわっています。

衛生管理の国際的な手法、HACCP(ハサップ)に基づき、工場の衛生管理、安全管理を徹底的に行っています。

スタッフは、毛髪が出ていないか、手の切り傷がないかどうかなど、厳しい衛生チェックポイントをクリアして工場へ。

私たちが特に大切にしている衛生管理の基本のキ、手洗い。マニュアルやタイマーを設置し、工場に入る誰もが同じ基準で手洗いをできるよう、徹底しています。

食を通じて、皆さまの食べる喜びや楽しみ、そして何よりも命と健康に大きく関わる仕事をしているという自覚をもって、ひとりひとりのスタッフが日々ものづくりに向き合っています。

〈かに物語〉の加工商品は、すべて手作り。甘みの強いDeep Sea Red Crabそのものの味わいを楽しんでいただけるよう、余計なものは加えず素材の良さを最大限に引き出します。

食べにくさがネックの蟹ですが、〈かに物語〉では手軽に召し上がっていただくために、蟹の殻をきれいに剥いた商品や、食べやすく切り込みを入れた商品をお届けしています。

美味しいものをお届けしたい、お召し上がりになるお客さまの嬉しそうな表情を想像しながら、ひとつひとつ丁寧に手作業しています。

日々の作業の繰り返しが、美味しさを生み出すと思うのです。今日もこつこつ、丁寧に作った私たちの味をぜひ、大切な人とご一緒に。

皆さまの食卓に『安心・安全』をお届けするため、完成した商品を包装したら、最後は必ず自分たちの目で品質チェックを行います。

さらに包装した商品には金属異物を発見するための検査を実施。これも安全な商品作りには欠かせない大切な作業のひとつなのです。